20.11.3 日経新聞

おはようございます。この二日間、家族で淡路島に旅行してきました。2日目は生憎の雨でほぼ観光できなかったのですが、良い気晴らしになりました^^

それでは今日の日経で気になったポイントをまとめます。

 

東芝、全国の再エネ卸売り 発電量一括制御 独大手と新社

東芝が2022年にも、全国に分散する再生可能エネルギーの発電事業者から電力をまとめて買い取り卸売りする新事業に参入するそうで、このシステムは「仮想発電所(VPP)」というそうです。

今後の政府方針である「再生エネ支援」への布石として、事業化に期待ですね。

 

●GoToイベント 不正防げるか 転売・水増し… 課題抱え始動

⇒10/30からUSJなどでGoToイベントが始まったようです。記事を見ると、2割程度割引されるそうで、は今後、テーマパークのほか音楽コンサートや演劇、スポーツ観戦などのチケットに対象を広がるようです。

 

●ESG関連商品、「購入希望」29% 民間調査 関心の低さ鮮明

調査によると環境保護や社会貢献をテーマにした商品を「購入したい」と答えた人は全体の29%にとどまった。PwCは「日本の消費者は他国に比べて若年層を中心にESGへの関心が低い」と分析する。

ESG型の商品は環境保護などに配慮した原料や素材を使っており、既存品と比べ価格などで異なる点も多い。そこで商品に対して許容できる項目を聞いたところ「価格が高くてもかまわない」は29%、「品質や味が落ちてもかまわない」は6%だった。「直近1年以内に実際に購入した」のは12%にとどまった。

⇒先日IKEAに行って、プラントミートボールを食べたのですが、普通のミートボールと遜色ない程度においしかったです。確かに値段は少し高かったですが、一度にすべてをプラントミートボールにせずに徐々に少量ずつ生活の中に取り入れるなどしていけば、ESGの浸透につながるのでは?あとは実際に体験(体感)する場があることが大事だと思いました。

 

三井物産系、AI診断5種を一括提供

アリババ製など全国へ コロナ・がん瞬時に判断

 

この新サービスでは医師がクラウドから5種類のAI診断を選べる。いずれも他社が開発したもので、複数から選べるため、幅広い医療機関が採用を決めた。5つのAIシステムのうち1つはアリババと、医療情報サービス大手のエムスリーが共同開発した。医療機関で撮影したコンピューター断層撮影装置(CT)の画像をもとに、AIが新型コロナ感染による肺炎の有無を瞬時に判断する。

 ⇒画期的ですね。特に画像診断はAIとの相性もよさそうですし、三井物産系はあくまでプラットフォーマーなので大きなリスクもなく。このような人間の仕事の補完としてAIが存在する仕組みは理想的です。

 

●ホンダ、テスラと排出枠融通 欧州新環境規制で

いわゆる「プール」の話題ですね。

EUの規制は新車(乗用車)が排出するCO2の量を、走行1キロメートルあたり平均95グラム以下とすることを義務付け、達成できないメーカーは販売1台ごとに1グラムあたり95ユーロ(約1万1600円)の罰金を科されます。ホンダは18年の実績に基づくと21年に約400億円の罰金が想定されたようです。

排出枠をメーカー同士で実質的に融通する連合は「プール」と呼ばれ、テスラを連合に入れることで、プールの平均排出量は大幅に減ります。電動化で出遅れていたFCAのテスラへの支払額は年6億ユーロとも報じられている。

⇒テスラすごいですね。。このようなビジネススキームもあることに驚き。

 

以上です。今日もがんばりましょう!

20.10.29 日経新聞

おはようございます。今日も天気が良くて気持ちいいです。一方、ダウ・ナスダックともにかなり落としてきましたね。。今日の日経相場が不安です。。

 

では、今日の日経で気になったポイントをまとめます。

 

企業年金保険 利率下げ 

⇒保険についてはあまり詳しくないのですが、会社員の年金は上記の通り、3階建てになっているようで、今回は3階部分の将来の支払いを保証する「確定給付型向けの企業年金保険」の利率が1.25%→0.25%に下がるようです。

 

●武田、幹細胞から次世代薬 クローン病向け、来年度承認目指す

⇒細胞を体内に投与する「細胞医薬」を国内で実用化。患者の免疫機能を整える幹細胞使い、腸などが炎症をおこす、難病向けの医薬品をつくっていく。

 医薬品といえば、過去は化学合成などで作った「低分子医薬品」がメインでしたが、交代医薬など「高分子医薬品」がだいぶ浸透してきましたね。今後の進展に期待です。

 

日本株に「相対的優位説」

 

 

⇒以下の理由で相対的に優位だそうです。

>予想EPSの底入れタイミングが2カ月程遅れた影響で、今が日本企業の業績回復の勢いを見定めているところだから。日本株は底入れが遅れた分、これから大きな回復と株価の押上が期待できる。

>政治状況の違い→日本は既に菅内閣が発足して安定運営を始めていることから、アメリカの大統領選のようなリスクが低い。

日本株の米金利上昇への耐性の強さ→日本株はバリュー株の構成割合が多いため、資金逃避先として選ばれているようだ。

 

とのこと。ふむふむですね。

 

以上です。今日も頑張りましょう!

 

20.10.28 日経新聞

おはようございます。しばらく時間をあけてしまいました。。本日の日経で気になったポイントをまとめます。今後ともよろしくお願いします。

 

●中国、2035年にすべて環境車 新車、EVなど5割、残りはHV

⇒中国がこのような「脱ガソリン」施策を打ち出すのには驚きです。HVに強い日系メーカーに有利との見方が多いそうで、今後の自動車・自動車関連会社に追い風か。

 

●欧州で医療体制ひっ迫

 

コロナ再拡大 仏で一部満床 東欧では死者急増

マクロン大統領は「この春より事態は深刻」と指摘。今後さらなる悪化が見込まれますね。。時間遅れの二番底がきそうな感じがして、要注意です。

 

トヨタハッカー頼み

脆弱性発見「テンセントに敬意」 ソニー任天堂は報奨金

⇒中国IT大手のテンセントのセキュリティ研究チームが、トヨタ自身の手で見つけられなかったバグを見つけた。日本のサイバー人材の不足が目立つ。

 

以上です。今日も頑張りましょう!

 

20.10.20 日経新聞

おはようございます。今日は天気が良くて気持ちいいですが、寒いです。今日も子供と散歩にいくので、その時に食べるタマゴサンドをこの後作ります。👶

それでは、今日の日経で気になったポイントを。

 

●再生エネ規制 総点検 風力・太陽光設置基準を緩和

⇒再生エネなんて、エネルギー効率悪いし全然ダメ、という話が過去なされてきましたが、ようやく政府も重い腰を上げるようですね。

電力を供給するための「送電網」や、そのほか「ドローン」「自動運転」についても意欲を示されているようなので、ぜひ頑張っていただきたい。

 

●欧州感染者 第1波の3倍

⇒これが株価下落のファクターになりえるか分かりませんが、状況は悪化しているようですね。何が材料になって景気後退が「見える化」するのか、注意が必要です。

 

●中国成長率 コロナ前に迫る

⇒海外旅行に行けない中国人が国内消費が活発で、高級ブランドや高級乗用車などの売上が上がっている。(外資ブランドの中国売上高はそのほかのエリアと比べてもかなり高い模様)

 

著作権 放送と同等に

⇒これは面白いですね。ついでにJASRACの問題も解決していただきたいです。

 

●アリババスーパー買収 生鮮宅配、競争力に

なんとなく、生鮮は自分の目で見て手で触って、、という意識がありますが、コロナの影響でECが加速しそうですね。となると、実店舗の意義ってなんだろう。。となりますね。

 

以上です。

20.10.19 日経新聞

おはようございます。今日も朝から肌寒いですね。大統領選も目前に控えており、気持ちが浮いた状況が続きます。

それでは、今日の日経で気になったポイントを。

 

●大卒内定者11%減 コロナ・米中摩擦響く

⇒NTTデータやアンリツロームのような、今後のDX化/5G化/半導体など成長領域での人材確保は増えているようです。

 

●中国、輸出管理法12月施行 戦略物資に許可制 レアアース調達懸念

レアアースは中国が総生産の60%を占めるため、各企業は身構える。特に、EVなどで使われる「ジスプロシウム」はネオジウム磁石の原料で、この磁石を生産する信越化学工業などは中国への依存度を下げているが、それでも懸念が残る。

 

●理工系内定者 8年ぶり減

⇒全体で11.4%の減。特に減少が大きい分野は、紙・パルプ▲21.2 ゴム▲44.6 鉄鋼▲30.2 自動車・部品▲29.4 事務機器▲39.9 不動産・住宅▲19.6 ホテル・旅行▲57.5 レジャー39.9 マスコミ・出版・広告▲27.9

 増加傾向だったのは、そのほか小売業8.4 電力4.2 だった。

 デジタル系は根強い需要があり、特にテレワークやRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)による業務効率を捉えた企業は理工系の採用を増やした。半導体大手のキオクシアも理工系の人数を45%のばしたようだ。

 

●図書館 オンラインへ始動

文化庁著作権法改正へ作業部会 既存ビジネスに影響も

⇒確かに、図書館のデジタル化が進み、国会図書館から地方の図書館まで誰でもどこでもオンラインで蔵書が読めようになると、電子書籍業界は苦しくなりそうですね。

 

以上です。

 

20.10.18 日経新聞

おはようございます。本日は昨日と打って変わって晴れ模様。では、本日の気になる日経ポイントを。

 

●脱炭素 企業価値に直結 排出削減がマネー呼ぶ 

⇒なるほど。日経の主体が海外の投資家であることを考えると、工場を持つ企業などの株を買う際にはチェックしたいポイントですね。

 

●ウェルスナビ 年内にも上場 資産運用フィンテックで初 今年最大規模

個人投資家の資産運用を金融工学を使って指南してくれるサービスだそうです。企業価値は推定で500億~600億。市場はマザーズの予定。

 

●漁師計算時代の国際標準 安全な通信、情報漏洩防ぐ

⇒今後「量子コンピューター」が実現されると、これまでの暗号だと解読される可能性があるようで、そのための新しい暗号の標準技術を選んでいるようです。

 

現在の主流は「RSA暗号」という「素因数分解」を使ったシステムのようで、最新のスパコンでも解読には数千年かかるといわれているようです。

ただし、量子コンピューターは素因数分解が得意。そのため、既存の暗号技術の改定が望まれている。

 

●オンライン診療定着へ環境整備 政府アプリ承認を早く

ウェアラブル端末やスマホに搭載する医療用アプリに注目がなされているようで、遠隔でも医師が患者の状態をいつでも正確に把握できる手段の早期実現が望まれる。

 

以上です。

 

20.10.17 日経新聞

おはようございます。本日の天気は雨。朝から寒くて靴下をはいています。外出する気も起きないので、今日はおうちでゆっくり過ごそうと思います👶

それでは、本日の日経で気になったポイントを。

 

●英・EU迫る時間切れ 英首相「FTAなし、準備を」

⇒これもひとつの市場リスクになりそうですね。年末に向けて状況を見守り続けないとですね。

 

出前館 料理宅配、成長に期待

f:id:SAKURANAGASHI:20201017094736p:plain

出前館 指標推移

⇒20年、21年の営業利益を赤字としつつも、23年8月の連結売上高を970億円とする、中計を発表したことで、成長を期待した個人投資家らの買いを集めた様子。

現在はシェア獲得が利益よりも重要なフェーズという認識のようですが、まったく理解できません。。

 

●医薬株 2か月半ぶり安値

米大統領選での薬価の引き下げに積極的なバイデン氏が優勢との見方から業績悪化懸念が広がっている模様。今後の相場でも、医薬品セクターは気を付けないとですね。

 

以上です。